LEXUS NX Aピラーに高級スピーカーを手軽に取付出来るハピープラン

曲面にフィットするモデリング

いつものハッピープラン

ハッピープランとは
カー用スピーカーは加工取付が前提になっている物がほとんど
最適な位置角度でカッコよく取り付けようとするとなかなかの費用が掛かります。
手軽に高級なスピーカーを取り付けたい、しかも最適な位置角度で、出来るだけカッコよく
というご要望にお応え出来るのがハッピープラン

Shining3D EinScanPro2X

の前に、
いつものようにEinScan Pro2XでAピラーをスキャンしようとしましたがうまくいかず
いつもなら、黒い内装でもマーカーステッカーも無しでサクサクスキャン出来るはずがうまくいかない
キャリブレーションも出来ない

急いで代理店さんに相談すると、なんと次の日代替品到着!
アマゾンよりも早くM&M Design並みw

とても助かりました。
物はどこでも買えますが、性能や価格よりも、あとあと親身に対応してもらえる事に価値が有ると思います。

Shining3D EinScanPro2X

代替品で無事成功
マーカーは要らなかったですが、折角貼ったので

Fusion360

座標位置は、EinScan Pro2Xのソフトで設定しているので、Fusion360のメッシュ挿入時は調整しなくてもそのままでOK

Fusion360

先ずは、メッシュモードで「メッシュを変換」します。

Fusion360

そして、取り付けるスピーカーに合わせたポッドを「現在のデザインに挿入」
角度向きは揃っているので、位置の微調整だけでOK

Fusion360

挿入したポッドは、「リンクの解除」をして、いじれるようにしておきます。
このポッドをAピラーのサーフェス面で「分割」してやると、Aピラーにぴったりフィットさせる事が出来ます。
何回も書いているので割愛

Fusion360

今日は、この半埋込ツィーターポットをAピラーに固定するためのフランジの作り方を詳しく書いてみます。
ツィーター取り付け面からドライバー等でビス止めする形です。
ドライバーを差し込んでビス止め出来る位置と角度でフランジを作らなければいけません。
今回は3点止め
一番奥の部分で、良さげな場所の1面を選んで「スケッチを作成」
その面にビスに合ったサイズでドーナツを書きます。

Fusion360

そのドーナツを「押し出し」でちくわにします。
画像の位置では飛び出しているので、「移動コピー」で位置と角度を微調整

Fusion360

ピボット位置をちくわのセンターに設定した方が微妙な角度調整時に解りやすいです。

Fusion360

「ピボット設定」で、新しいピ簿との位置を選択して、✔でピボット設定は完了
それからちくわの位置角度調整

Fusion360

残り2か所も同じようにスケッチからやっても良いですし、「移動コピー」でコピーに✔をいれて複製しても良いと思います。

Fusion360

そんなこんなで3か所位置角度を微調整

Fusion360

フランジとポッドを「結合」一体化

Fusion360

飛び出た部分は、「分割」でカット削除します。

Fusion360

要らない部分は「削除」して

Fusion360

このままだと強度不足なので

Fusion360

「フィレット」等で補強して完成!
エッジを無くす事で、格段に強度アップ出来ます。

Fusion360

スコーカー側も同じように作業して完成!

ideamaker

完成したモデルは、3Dプリンターのスライスソフト ideamakerに出力して複製反転で左右作ります。

Raise3d

帰る前にセッティングしておくと、朝来たら完成してます♪

Autodesk(オートデスク)

LEXSUS NX Aピラー

こんな感じで半分埋め込み
共鳴止めのデッドニングも

LEXSUS NX Aピラー

というわけで完成
完成というよりもこれから調整が始まるのでスタートと言った方がカーオーディオの場合はしっくりきます。
というぐらい調整は最重要
このようなシステムになるとなおさら、活かすも殺すもDSPの調整次第(´艸`*)